免疫ミルクサステナの口コミと日本リウマチ学会が発表する有効性

免疫ミルクが日本リウマチ学会で発表された有効性について



リウマチは身体の免疫機能の異常により、手足の関節が腫れたり痛んだりする自己免疫疾患のひとつです。

特に女性に多くその割合は男性の5倍にもなります。

現在では対処法が確立していますが、原因が完全に解明されていないので薬による完治は難しいとされています。

アメリカでは免疫プロテインの原料である免疫ミルクの試飲試験で、リウマチや関節炎の約80%以上が改善されたというデータがあります。

また、日本の最新データでも同様に80%の高い改善率が報告されています。

日本リウマチ学会でも免疫ミルクに対する有効性が多く発表されています

免疫ミルクにより体内の免疫機能が高まり、リウマチの症状改善に役に立ったものと考えられます。

アメリカで開発されたスターリーミルクサステナは、日本では免疫ミルクと呼ばれ多くの人々に愛飲されています。




スターリミルクサステナが免疫力を高めるとは?



生まれて間もない赤ちゃんはなぜか感染症にかかりにくいのですが、その理由を知っていますか?

その答えはお母さんのお乳つまり母乳です。

赤ちゃんに最初に与える母乳(初乳)には様々な免疫抗体が含まれているため感染症にかかりにくいのです。

この原理を応用したのがスターリミルクサステナで新成分『MPC』を加え、世界で230件、日本では12件の特許をもつ免疫抗体食品です。

『MPC』とは、米国スターリ研究所が最新技術により、26種類のミルク抗体と体の免疫システムを調整し、ミルク生理活性物質を効率的に濃縮した成分です。

スターリミルクサステナは人に作用する抗体をたくさん含んでいるため現代人の抵抗力の減少を食い止め、感染症に対する最後の砦ともいえます。

人の免疫力を高めるためスターリミルクサステナは免疫ミルクとも呼ばれています。

スターリミルクサステナの効果や口コミ


同じ環境にあってもすぐ風邪をひきやすい人もいれば一年中薄着でいるのに全く風邪をひかない丈夫な人もいます。

この両者の違いはおそらく身体の抵抗力、つまり免疫力ではないでしょうか?

未開の地にいる人は不衛生な環境にも関わらず普通に生活をしています。

同じような環境で私たちが生活するとすぐに腹を壊したり体調を崩したりするでしょう。

これは現代人が清潔な環境に慣れすぎているため、細菌に対して免疫力が低下したのではないかという説がありますが私もそう思います。

免疫力を高める免疫ミルクサステナに対するレビューをご覧ください。

※悪性リンパ腫

悪性リンパ腫で余命宣告を受けている姪が飲んでいます。免疫機能が低下していますが、まだ元気です。
サステナだけで良くなったとは言えませんが一因になっていると思います。



※医療従事者

スターリミルクは免疫力がアップすると思います。
職業がらインフルエンザの人逹と毎日近接接触していたのですが、免疫力がアップしたせいなのか私だけインフルエンザにかかりませんでした。
便秘も解消し、体もとても軽くなり朝の目覚めもスッキリです。



※リウマチ

手指の強張りがみられ膠原病の気配を感じました。
しかしステロイド治療は何とか避けたいので、いろいろ調べた結果、免疫力をアップするスターリミルクで改善できるのか試すことにしました。
半信半疑ながら6ヶ月ほどつづけると頭皮のハゲが改善してきて手指の強張りも良くなる傾向がみられました。
配送の手違いで2ヶ月ほど飲めなかったらまた悪化してきたので大変あせりました。
今では健康管理の必需品なので切れないように気をつけています。



こちらのレビューもご覧ください。




スターリミルクサステナが免疫ミルクと呼ばれる訳


スターリミルクサステナは米国の世界的な免疫研究機関であるスターリ研究所が開発した健康食品です。

世界特許を230以上持ち、50年以上の年月をかけて開発され日本では免疫ミルクと呼ばれています。

サステナには人に作用する抗体がたくさん含まれています。

市販の牛乳にも抗体は含まれていますが、人間に対して有効な抗体はあまり含まれていません。

特定の細菌に反応する抗体の力を抗体力値といいますが、以下の表がサステナと市販牛乳の抗体力値の比較です。

比較表




これをみるとすべてにおいて圧倒的に抗体力値が多いことが分かります。

サステナが免疫ミルクと呼ばれるのはこの抗体力値がずば抜けて高いからです。

毎日免疫ミルクサステナを飲んで抵抗力を高めて、新たな病原菌やウィルスが侵入しても跳ね返せるほどの強い身体になりたいものですね。



スターリミルクサステナの効果


NPO法人 免疫抗体食品研究協会による長年の研究のデータからサステナに改善効果があったものを次に列挙します。

リウマチ・膠原病等(自己免疫疾患)の改善

関節炎の改善

ガン治療等による感染症予防・免疫低下・QOLの改善

アレルギー・喘息・アトピーの改善

皮膚疾患の改善

コレステロール・高血圧症の改善

免疫力の改善


上記以外にも様々な症状改善が報告されています。

スターリミルクサステナの3つの成分「26種類の抗体」「生理活性物質」「抗炎症物質」がこのように効果があることが認められています。

お試しサンプル10袋を1,980円(税込&送料無料)で販売しています。





無料のサンプルはこちらから


スターリミルクサステナの製造過程


スターリミルクサステナの製造過程を簡単に説明します。


@厳選した26種類の細菌用ワクチンを作成
人が感染しやすい細菌のうち26種類を最新バイオ技術で無害化したワクチンを作成します。
サステナが免疫ミルクといわれるのはこのためです。


A母牛にワクチン投与
大自然で健やかに育った母牛にこのワクチンを投与すると牛の体内で26種類のミルク抗体が作られます。


B一定期間ワクチン投与
連続して投与することで安定したミルク抗体が作られ、過免疫状態になりミルクAIFなどのミルク生理活性物質が作られます。


C免疫ミルクを搾乳
人間に効く26種類の抗体を含むミルクlgg、ミルクAIF、ミルク生理活性物質を豊富に含んだ免疫ミルクを搾乳します。


D低温で殺菌・乾燥
搾乳したミルク抗体などは熱に弱いので低温で殺菌し、時間をかけて濃縮乾燥してサステナが出来上がります。


そしてサステナの臨床データには症状が悪化したという報告はありません。

サステナは副作用は無く安全性も高いので病院の薬とも併用することができます。

スターリミルクサステナいろんな飲み方


スターリミルクサステナは一包11gの場合は50cc〜75cc、一包22gの場合はその倍を水またはぬるま湯に溶かして飲んでください。

50度以上のお湯だと抗体が壊れてしまいますので高温のお湯で溶かさないでください。

一気に飲める温度の限界が50度らしいので、ごくごく飲めれば大丈夫です。

サステナ一日1〜2袋を飲むのがお勧めです。

溶かした後はいろんなものに混ぜて飲んでも構いません。

混ぜるものはコーヒー、ジュース、紅茶、ヨーグルト、市販の牛乳、乳酸飲料、カルピスなどいろいろ試してください。

抗体が壊れるほど熱いものに混ぜたりしないでくださいね。

わかりやすい漫画をご覧ください。


 

サイトマップ